2016年 11月 10日

Margate Day Trip , 2

f0371718_1145823.jpg


前回に引き続きマーゲイト日帰り旅の話です。

私がずっと見たかった貝尽くしの人口洞窟を見た後は、子供たちが楽しみにしていた海遊びへ。

なのですが、時計を見たらすでに12時。
お昼時でお店が混むのがイヤなので、さっさと先にランチを済ませてしまうことにしました。



f0371718_117511.jpg


住宅街を抜けてハイストリート方面へ戻る途中見つけたコミュニティガーデン。

f0371718_1174223.jpg


近所の人たちで面倒見ているようです。
壁を使ったウォールガーデンや小さなスペースに作ったハーブガーデンなどがありました。

f0371718_1192234.jpg


そのお隣にはチューダーハウスなる建物が、、、

どうやらこの町で一番古い建物でチューダー朝の頃に建てられたものらしいです。
中の見学もOKだったのですが、今回は時間がないので諦めました。
かなり面白そうだったんですけれど、、、何せ日帰りなので時間がない!残念無念。

f0371718_1204757.jpg


この辺りからは小洒落たレストランやカフェ、アンティークやレトロ・ヴィンテージショップが軒を連ねていて、見たところ地元のお洒落ピーポーな方たちが集まるエリアとなっているようです。

f0371718_1221479.jpg


いきなりアンティークショップがどどーんですよ。

f0371718_1225173.jpg


通りの両側にこういうお店がどんどん出てきちゃうんですよ。
あーもう見たいんだけどなー!時間がないんだー!くぅぅ~~~"(-""-)"

f0371718_123278.jpg


どこのお店もすごく面白そうだったので、せめて写真だけでも、、、

f0371718_124141.jpg


お店で売ってる商品見ると、それっぽいインテリアに総取替えしたくなりますよねえ。

f0371718_1251083.jpg


あ~~もうホント時間がないのが残念すぎる。

でも電車で来てるから、椅子とか欲しくなっても困っちゃうんですけどね。
どうやって持ち帰るんだ、って('ω')ノ

f0371718_126795.jpg


どこもかしこも良さそうな商品を扱ってるお店ばっかりで、丸一日かけてじっくりお店見物したい、、、と今写真を見返してもそう思います。

f0371718_1272978.jpg


一軒くらいざっと見てみても良かったな、と思います。
お値段的にロンドンと比べてどれくらいだったのかな、と。

今やロンドンの中のアンティーク屋さんで家具とか大物を買うのは難しくなりました。
昨今のアンティーク、レトロ、ヴィンテージブームで価格がぐっと上がってしまったんですよね。

f0371718_1292424.jpg


私が今住んでいる家に越してすぐの頃、アンティーク家具を何点か西ロンドンにある某アンティーク屋さんで購入しました。
そのお店はすごくセンスの良いアンティークやヴィンテージ家具を扱っていて地元では人気のお店です。
当時はまだ手が届く値段で買える商品もあったので購入したのですが、現在ではとても気軽に買える値段ではなくなってしまいました、、、

f0371718_1314980.jpg


そんな訳で買い替えたいなーと思っている家具があるのですが、出せる値段と見合う商品に出会うことがなく、すでに5年以上経過してしまいました、、、(;´д`)

f0371718_1342751.jpg


ちょっとお洒落なスクエアに出ました。
すでにお外席ではお茶やランチをする人たちで賑わっています。

友人と来ていたら、こういうお店でランチでもーと思うのですが、夫は絶対こういうところが好きじゃないので、思い切りスルー、、、

f0371718_1355097.jpg


そういえば、シェル・グロットへ行く途中、海沿いのプロムナードにいつも行くWetherspoon系列のパブがあった!と思い出したので、夫に言ったら「えー?そんな店あった?」。

珍しい、、、パブを見逃すなんて。

f0371718_137980.jpg


海沿いのプロムナードは先ほどのお洒落なアンティーク通りとは全然違って、ものすごーくチーヂィーで典型的な寂びれた英国の海辺にあるようなお店が並んでいます、、、
(*Cheesy、チーヂィー・・・だっさい、とか時代遅れ、とか垢ぬけない、とかコテコテ感たっぷり、、、と言った意味です)

f0371718_1402312.jpg


今回のパブの外観は大したことなかったので写真は撮ってません。
中もあんまりこれといった特徴がなくて残念。

天窓から差し込む自然光が明るくて良かったですけどね。

f0371718_14211.jpg


海辺に来たらFish & Chipsを食べねば!!!

お腹がめちゃくちゃすいていたので、ぺろりと平らげました。

f0371718_142511.jpg


ささっとランチを食べたら、さっそく海へ!

時間がないので、あんまり長いこと遊べなくなってしまいました。

f0371718_147768.jpg


行った日は平日だったので、ロンドン市内が通勤ラッシュの時間帯になる前に、家に帰らないといけません。
そんな訳で逆算するとマーゲイトを2時半くらいに出ないと、、、と言う訳で、正味1時間程度しか海遊びする時間がなくなってしまいました( ;∀;)

f0371718_1483639.jpg


それにしてもこの日は本当に良いお天気で暑くて海遊びには絶好の日和でした。

f0371718_149750.jpg


右奥に見えている白い工場みたいな建物はテイトギャラリー別館です。
こちらはコンテンポラリーアートを主に展示していますが、この地に縁があるJ・W・ターナーの絵も飾られているそうです。

見たかったんですけどねー、、、時間が( ;∀;)

f0371718_1503017.jpg


マーゲイトって海遊びに丁度いいし、なかなかいいロケーションなんですが、一般的に見かけるチェーン系列のホテルが全然ないんですよね。
何でなのかしら?あったらもっとお客さんがたくさん来るように思うんですけれど。

今度は絶対泊りで来たいなー、、、アンティーク屋さん巡りしたい!!!

f0371718_1515089.jpg


海まで行ってみよう、と思って歩いて行ったのですが、干潮だったのでかなり向こう側まで行かないと水際まで辿り着かず、、、
途中で諦めました。

f0371718_25225.jpg


子供たちと海辺に来たらのお約束、アイスクリームを食べて(あまりの暑さに買った側からダラダラ溶けてきちゃって慌てて食べたため、写真はありません。あしらからず('ω'))その後、駅まで戻りました。

f0371718_153391.jpg


意外と早く駅まで着いたので、乗ろうと思っていた一本前のロンドン行きに乗れちゃいました。
お蔭でストラットフォード駅で地下鉄に乗り換えた時も、まだそんなに混雑していなかったので助かりました。

f0371718_1551716.jpg


マーゲイト、思っていたよりもずーっと面白くて楽しくて見どころ満載の海辺の町でした。
今度は絶対泊りがけでお出かけしたいです。

ロンドンから鉄道で日帰り出来る海辺の町、が今回の旅のテーマだったのですが、ケント州の海岸沿いにはまだまだ素敵な町が点在しているので、またぜひどこかに出かけてみたいな、と思っています。
[PR]

by jamieoliverlove3 | 2016-11-10 00:00 | 英国国内旅行


<< エマニュエル・トッド氏の著書      Margate Day Tri... >>