2017年 03月 04日

Heath Robinson Museum

f0371718_23131785.jpg


ハーフタームがあった2月中旬のこと。
とある雪が降る寒い週末、家族で近くに出来た新しい博物館に出かけてみました。

昨年の秋に開館したばかりのHeath Robinson Museum、たまたま見ていたBBC Londonのニュースで紹介されていて、行ってみたいな~と半年ほど機会をうかがっていました。



f0371718_23184973.jpg


博物館に付属している駐車場はあまり広くない、とHPに書かれていたので、開館時間前に到着するように出かけたのですが、10分ほど早く着いてしまいました。
雪が降って寒かったので、ギリギリまで車内で待機(;´д`)
ちなみに駐車場は有料ですので、チケットマシーンで駐車するであろう時間分だけチケットを購入して車内のフロントガラス部分に提示してください。

f0371718_23183350.jpg


駐車場から博物館へ向かう途中で鳥の大群に襲われましたΣ(・ω・ノ)ノ!
わらわらわら~~~っと写真を撮っていたら群がってきたので、怖くなって逃げました(汗)

f0371718_23195474.jpg


こちらが博物館入り口です。

かつてここにはお屋敷が建っていて、そこにWilliam Heath Robinsonが数年間住んでいた縁から、ここに博物館が建立されました。

f0371718_23265490.jpg


William Heath Robinson
はヴィクトリア時代後期に生まれ、挿絵画家として名を成した人です。

f0371718_2322230.jpg


私はニュースを見るまで彼のことはまったく知らなかったのですが、紹介された絵がとても私好みで、ぜひここへ実際に来て生の絵を見たいと思っていました。

ちなみに英国では以前から根強いファンが多いそうで、私がニュースで見た時には有名な作家のマイケル・ローゼン氏もファンであることを公言されていました。

f0371718_23231929.jpg


当初は子供向けの絵本の挿絵などを主に手掛けていたのですが、第一次世界大戦の頃からこういった絵を描き始めます。

f0371718_23243031.jpg


写真だと細かい部分まで上手に写らないので、あまりよく分からないかもしれないのですが、一口に説明すると、「ピタゴラスイッチ」的な絵なのです。
(見ようによっては「スチームパンク」的であるかもしれませんね)

日本の方ならきっとピタゴラスイッチ、よくご存知ですよね?!
我が家もNHK Worldで放送されている、ピタゴラスイッチミニをいつも見てますよ~

f0371718_23262956.jpg


ヴィクトリア時代の産業革命、そして第一次世界大戦という大きな世の中の変化の最中に生まれ育った彼は、その時代に発展した『機械』という物に非常に興味があったのでしょうね。
絵をじっくり見ると一つ一つの単純な部品が組み合わさって非常に複雑な仕組みになっているのに、すごくシンプルで合理的に動くようになっている様に驚かされます。

f0371718_23321538.jpg


そしてWilliamは決してこれを機械賛歌として描いている訳ではなく、その機械に人間が振り回されたり、合理的な生活の道具として使っている筈が、逆に人間が使われていたり、と英国人らしい風刺的な笑いを込めて描いているのです。

f0371718_23342721.jpg


そんな風刺的な部分が私のツボをぎゅ~っと突いてくれるんですよねえ。

f0371718_2335681.jpg


彼はその後、子供向けの挿絵画家から発展して企業の広告画などを描くような仕事が増えていきます。
中には豪華ライナーの船内バーのデコレーションを任されたこともあったようで、せめてたくさん写真が残っていたら良かったのにな、、、と思いました。
(船は戦時中に徴用され魚雷で撃沈してしまいました)

f0371718_23364739.jpg


お隣の部屋はHeath Brothersである長兄Tom、そして次兄Charles、三男坊のWilliamの3人兄弟の期間限定の特別企画展が行われていました。

私が特に気に入ったのは次兄のチャールズの絵。
(上の写真もそうです)

f0371718_23392437.jpg


長兄トムの絵も悪くなかったのですが、彼は年を経るにつれて段々と宗教(カトリック)にのめり込むようになり、絵もそれにつれて宗教を題材に選んだものが増えていきました。
私的にはイタリアンルネッサンス系の宗教画は好きなのですが、この時代の宗教画には正直あまり興味がなく、展示されていた絵にも残念ながら惹かれる要素が余りありませんでした。

f0371718_23435486.jpg


それに比べると、次兄チャールズの絵は流れるような美しい曲線とぼかした水彩の淡い色合い、選んで描いているモチーフの美しさ、幻想性が私の心に大きく響きました。

こちらもチャールズの絵でタイトルは『Japanese Girls in the prow of a ship chasing a flying fish』だそうです。

彼は『Old Japan』という本の挿絵を描いたそうなので、キャプションには詳細がなかったのですが、もしかするとこちらの絵もその挿絵の一つだったのかもしれません。

当時、あまり詳しい事が知られていなかった日本について書かれた本だったそうなのですが、残念なことに現物の展示がなく、どんな本だったのかは実際に見る事が出来ませんでした。

f0371718_23454422.jpg


博物館自体はとても小さいもので、ウィリアムの常設展示場と企画展示室の二部屋しかオープンしていませんでしたが、展示されていた絵や本、説明などが充実していたので見学に1時間ちょっとかかりました。
お土産コーナーもなかなか充実していて、特に私はウィリアムの画集が欲しいな、と探したのですが、お店には何冊も種類があってどれにしようか、と迷ってしまいました。
結局今回購入したのは『ピタゴラ』的な絵が集められたものをチョイスしましたが、次回機会があったら、ファンタジー系の絵が多く載せられている画集にしようかな、と思っています。

f0371718_12146.jpg


博物館内にカフェはないので、お隣の公園カフェによって休憩。
スコーンがなかなか美味しかったですよ。
残念ながら添えられてきたのがクロテッドクリームじゃなくて、ただのバターだったんですが。

f0371718_13101.jpg


こちらは娘が頼んだホットチョコレート。
スマイルマークがカワイイですね(*'ω'*)

f0371718_135054.jpg


Heath Robinson Museumの入場料

大人 £6 (65歳以上は£5)
5歳以上18歳未満の子供 £4
大人二人と子供四人までの家族 £18
となっております。

現在のところ開館日が金曜日から日曜日の週3日間のみ、朝11時から夕方4時までなので、行かれたい方はよく調べてからお出かけくださいませ。

今回博物館のスタッフの方に展示物の写真撮影について尋ねたところ、フラッシュなしであればOKとのことでしたので許可を得て撮影したものをブログに載せています。
こういったポリシーは突然変更になることも往々にしてありますので、博物館を訪れて写真撮影したい方は必ずスタッフの許可を得てから撮影するようにしてくださいね。

f0371718_118027.jpg


全然写真には写っていませんが、この時外では結構雪が降っていたんですよ。
まったく積もりませんでしたけれど。

カフェ休憩で温まった後はお天気も悪かったので、真っすぐ家に帰りました。
今迄はロンドン市内の大きな博物館などへ出かける事が多かったのですが、こういう地元の知られざる博物館やギャラリー巡りも面白いな、と思ったので、ぜひ今年は何か所か気になっている場所へ出かけてみたいなと思います。

*今回コメント欄をオープンにしておりますので、この記事に限らず以前の記事、これからの記事、私信などなど何かありましたら、こちらに書き残していってくださいね。どうぞよろしくお願いします(*'▽')*
[PR]

by jamieoliverlove3 | 2017-03-04 00:00 | Museum | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://jamielove3.exblog.jp/tb/27582501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by greatglory728 at 2017-03-06 10:25
おっ、コメント一番乗りだ!(⌒∇⌒)
Heath Robinsonさん、初めて耳にしました。
とても美しい線を描かれる方ですね、素敵です。。
ロンドン都心まで出向かなくとも、近くにこんな素敵な
美術館があるのは羨ましいです!
雪がちらつく寒~い日でも、暖かな館内でじっくり
芸術鑑賞っていうのもオツですねぇ。
娘さんのホットチョコレートに、たくさんのマシュマロが
わちゃっと並んでいるのが面白いです(⌒∇⌒)
場所はどこなのかな、とサイトを見てみましたが
ピナーなんですね。
数年前、レイナーズレーンにあるB&Bに泊まったのですが
Saoriさんもこの界隈にお住まいだったとは!
ピナーもいい所、とこの宿を紹介された方がお話しされていたので、地名を覚えていたのです。
Commented by Saori at 2017-03-06 19:43 x
☆PGさん☆
こんにちは~コメント一番乗りありがとうございました(*'▽')
私も全然知らなかったので、ぜひ日本の方たちに知ってもらいたいなーと思って記事にしました。
でも美術館の芳名帳見たら、結構日本人のお客さんいらしてたんですよ~!
みんな情報通だなあ!ってびっくりしました。
うわ~珍しい!PGさんピナーご存知なんですね。
ロンドン中心部から離れているので、あんまり知られていないかな、、、と思ってたんです。
レイナーズレーンには以前日本人の友人が住んでましたよ(*'ω'*)
もう引っ越しちゃっていないんですけど、、、
そんなにご近所、と言う訳ではありませんが、エリア的にはこの近辺に住んでます。
なーんにもないところです、、、(苦笑)
ピナーは高級住宅街なので、本当いいところですよ~贅沢言うならピナーに住んでみたいものです。無理ですが( ;∀;)

ホットチョコレートのマシュマロ、すごいですよね~
こういうテキトーなところが英国らしいです。
娘はいっぱいマシュマロが貰えたので喜んでましたけど、、、(^▽^;)
Commented by papricagigi at 2017-03-07 14:52
Saoriさん、こんばんわ!
楽しい展示!兄弟みんなそろってイラストレーター(アーティスト)でそれぞれ個性的な作品を描かれていて面白い!テーマがなんであれ、3人共とても繊細なタッチの挿絵・イラストを描かれたんだなぁって思いました。
こういう展示を娘さんと一緒に見ることができるのも楽しいですね♪ ホットチョコとカップの周りのマシュマロがかわいい〜。

そうだ、実はいま「Shetland」のシーズン3を見てるんですよ!あぁ、アクセントが難しいっ。相方でさえ「はぁ???」と頭をかしげているシーンもあって、何度か巻き戻しして見てます(笑)。ああいう島には住めないけれど、行ってみたいね〜って言いながら。どうしてShetlandの様な島には木が一本もないのでしょう?イギリスの北部もそうでしょうか? まったく木がないので、誰かに追いかけられたら隠れるところがないね…なんて話していました。
あ、それからそれから!今年はピンクが「IN」なのですね! 実はユニクロUの方でピンク色のトップをひとつ買ったんですよ〜。うふふ。まだまだ寒くて着れませんが。SaoriさんもユニクロUで何か選ばれましたかー?
Commented by Saori at 2017-03-07 21:39 x
☆papricaさん☆
こんにちは~コメントありがとうございました(*'▽')
兄弟揃って3人ともアーティストなんてすごいですよね~
それぞれに個性があるのですが、やはりどこか似ているような部分もあって、そこらへんは兄弟だからなのかなぁ、、、と思いました。
この時代のファンタジー系の挿絵って私好みの絵が多くて、そういう意味でもわざわざ見に行く価値はありましたよ。
すごく良かったです。
この日は息子も一緒だったんですけど、彼はあんまりアート系興味ないので飽きちゃうかなーと思ったのですが、展示室にあったスケッチブックに絵を描いたりして楽しそうにしていたのが意外でした(*'ω'*)

Shetlandのシリーズ3を見てるんですね~
実は私、シリーズ3は(かなり)ガッカリしたんですよ、、、( ;∀;)
シリーズ1、2と違って原作から離れたまったくのTVオリジナル脚本だったから、というのと、TVを意識し過ぎて本格ミステリからサスペンスよりの話になってしまったのが理由です。
確かにTVで本格ミステリやろうとすると結構制約が多いし、サスペンスにした方が盛り上がるのは分かるのです。
でも原作は本格ミステリなので、あくまでもその線に沿ってやって欲しかった、、、んですよね。
最後まで御覧になったらきっと分かってもらえるかなーと思うのですが、安易な結末にしすぎな部分があって、こんなお別れの仕方ってあるかー!ってちょっと怒りを感じてしまいました。
と、かなり辛口批評になってしまいましたが、もし次もシリーズが続くのであれば、あくまでも原作に沿って作って欲しいな、、、と思っております。

ちなみに島に木がないのは、風が強いからかなーと思いました。風が強くて木が大きくなれないとか、潮風で木が育ちにくいとか、、、?あとは島の土壌もあるかもしれませんね。例えばアイルランドのアラン島は岩でできた島なので、昔から島民は海藻を地面に敷き詰めて土を作り、作物を育てていたそうですから、シェットランド諸島ももしかすると土壌的な問題があって木が育ちにくいのかもしれません。

ユニクロU、私も買いましたよ~ちょっと先になるのですが、またショッピングレポを別ブログに書いてますので、覗きにきてやってくださいませ。
春めいた気候になってきたら、papricaさんのピンクのトップスもきっと大活躍ですね!(*'▽')
Commented by papricagigi at 2017-03-08 05:08
Saoriさん、早速のお返事うれしいですー。
うははっ。Shetlandのシーズン3、Saoriさんの辛口コメントが面白いです♪ 原作を読まれているし、本格ミステリーの詳しいSaoriさんが見ると、やっぱりコレはテレビ向けに作り変えられちゃっているのですね。私は原作を読んでいないのですが、シーズン1,2の方がもっとのめり込めた気がしますヨ。 ミステリの質が高い英国作品は、ぜひそのクオリティーを維持していってほしいです。

やっぱり、風が強いからというのと土壌のせいですよねっ。私もそう思います~。相方は「それ以外にも理由があるはず!」なんて言ってますが。「スウェーデンやノルウェーは気候的には似ているはずなのに、あんなに深い森があるじゃないかー」みたいな。 こういう風景、いつかホンモノを見に行ってみたいです!

Saoriさんのショッピングレポ、楽しみにしてまーす!
Commented by greatglory728 at 2017-03-08 11:41
Saoriさん、
(花粉が飛び散る日本より)こんにちは~( ;∀;)
椎名桔平似の韓国人君、気になります。。
イケメンじゃないですか!
ついてきてほしい、って可愛い弟ですねぇ(笑)
Waterstones本店カフェのキャロットケーキ、とても美味しいんですね~。
来週にでもロンドン行く予定があるならば、行きたい所リストに入れてしまいそうです( ´∀` )
グラスにさりげなく入ったお花がまた春の訪れを感じさせますね。(ってハーフタームっていつなのでしょうか?(^-^;)
そうそう、ちょうど2002年旅行記の記事内でピカデリーサーカスの広告用電光掲示板についてもふれていたので、
今は、こうなっているのか~と驚きでした。
今度はどこの国の広告が入るのかな??
美味しそうなパンの写真を見ていて、お腹が空いてきましたよ(笑)

Commented by Saori at 2017-03-08 21:09 x
☆papricaさん☆
おはようございま~す(*'ω'*)
Shetlandは原作にすごく思い入れがあるので、つい熱く語ってしまいました(^▽^;)
でもでもっ、きっと最終回まで見たらpapricaさんにも分かってもらえると思うのデス。
登場人物の一人があんまりな扱いでさよーならーとなってしまうので、私は納得いかなかったんですよぅ、、、( ;∀;)

確かに島からは晴れてお天気がいい時にはノルウェーが見えるくらい、地理的にはスカンジナビア半島に近いのですが、やはりそこは島なので、すごく過酷な気候なのが樹木が育たない理由の一つじゃないかな~と思います。
Wikiにも過酷な気候のために樹木だけじゃなくて、自生する植物の種類も少ないって書いてありましたよ。
ちなみにまったく樹木が生えていない訳ではなくて、セイヨウナナカマドやワイルドクラブアップルといった土着の樹木が一応生えている場所もあるらしいです。
たまたまそういう場所は映像に映っていないのでしょうね。

ちなみに以前こちらのブログで紹介したドキュメンタリー「Fair Isle:Living on the edge」の中で見たのですが、シェットランド諸島ホントに風が強いんですよ。
嵐の日なんて大人でも吹き飛ばされそうなくらいの強風で、そんな日が何日も続くと船や飛行機が欠航続きになって、日用品や食料が本土から届かなくなるので、みんな島の人たちは大きな冷凍庫に大量の食糧を保存しているんです。
と、それくらい風が強い日が一年間に何日も続くので樹木も大きくならないのかもしれないです、、、

私も行って見たいな~という気持ちはすごくあるのですが、この島に行くにはプロペラ機かフェリーなので、どちらも苦手な私には無理だなぁ、、、と思ってます( ;∀;)

ところで2週間前からBroadchurchのラストシーズンが始まりました。正直シーズン2でガッカリしたので、今回見てないんですけど、批評はおおむね好評です。もしご興味ありましたら、、、
Commented by Saori at 2017-03-08 21:20 x
☆PGさん☆
こんにちは~コメントありがとうございました(*'▽')
日本はもう花粉の季節ですかー!なんだか早いですね。
PGさんも花粉症でしたかしら?どうぞご自愛下さいね。

椎名桔平似の彼、実は自分で「ボクは椎名桔平に似ている」と言ってきたんですよ(笑)
なんでも日本に遊びに行った時に地下鉄の中で地元の女の子たちに間違えられたのが最初だったとか。
それ以来日本人を見ると「ボクは椎名桔平に、、、」と言うようになったらしいです(^▽^;)
当時椎名桔平さんが人気だったので、それを言うと「おお~」って日本人には大うけだったので、調子こいてたのかも(爆)
でもホント見ようによっては似てましたよ~

ハーフタームは今期はヴァレンタインデーのある週でした。毎回同じじゃないので、ちょっとややこしいですね。

今年の後半まで工事は続くので、こんな感じの寂しい工事現場状態みたいですよ。
ホント、今度はどんな広告が入るのでしょうね。
バブルの時期は広告が全部日本企業で埋まるくらいだったのを、どれだけの日本人が覚えているかしら?とちょっと思いました。
今は中国が勢いあるので、もしかすると今度新しく生まれ変わったら、中国企業だらけかもしれませんね~
また工事が終了したら写真撮ってきますね!
Commented by greatglory728 at 2017-03-18 15:09
Saoriさんこんにちは!
ロンドンも桜が咲き始めたのですね~♡
藤棚もあるなんてすばらしい!
雨に濡れた水仙も味わい深いです。
こちらも菜の花が沢山咲いていますよ~(⌒∇⌒)

オックスフォードストリートにあるPlaza、クラシックで
素適な建物ですねぇ。
私もこの感じ、好きです。
改装後も外観(建物自体)は変わらないですよね?
歴史あるこういうものはずっと残ってほしいですが。。
Commented by Saori at 2017-03-20 21:13 x
☆PGさん☆
こんにちは~!コメントありがとうございました(*'▽')
ロンドンもようやく春が来たかなーって感じですよ!
日本はどうですか?
そろそろ桜前線の話題も出てきているでしょうか?
この時期はいつも日本のブロガーさんたちのところで綺麗な桜を見せてもらうのが、すごく楽しみなんですよ(^^♪
菜の花もいいですよね!
子供の頃、学校で菜の花のタネを貰ったのを庭に植えて、咲いたらまた種を収穫して植えて、、、と毎年やってました。
懐かしいなぁ、、、なので、菜の花にはちょっと思い入れがあったりします♬

ロンドン、、、英国っていつまでもずーっと変わらないイメージがあったんですけど、90年代後半からの不動産ブームで随分街の様子も変わってきたように思います。
PGさんはいつもこちらにいらっしゃると、たくさんお写真撮影されているから、きっと年代毎に見直していくとそういう面もよく分かるかもしれませんね、、、
本当、いつまでも歴史のある古いものは街の顔として残して欲しいものです。
Commented by papricagigi at 2017-03-22 04:27
Saoriさん、こんにちわー!
セルフリッジのウィンドウ…素敵すぎる!英国版と米版のテレビ番組を見てセルフリッジは知っていましたが、今でも素敵なウィンドウは健在なのですね~。Saoriさん、クロシェをされるのですか? あぁー、是非作ってみて紹介してくださーい。子供の頃におばあちゃんに基本編みだけは習ったのですが、難しいことは何一つできなくて。

あ、ユニクロのお買い物、うふふっ、素敵なアイテムゲットでしたね!お店があるっていうのが本当に羨ましいです。白いスカート、私も買おうかなーって思ってたんです。値下げになってたからネットで買っちゃおうかな… まだまだ寒いけれど気分は春です!
Commented by Saori at 2017-03-22 23:13 x
☆papricaさん☆
こんにちは~!コメントありがとうございました(*'▽')
セルフリッジって米版もあるんですか~!?知りませんでした!
確かにセルフリッジ氏はアメリカ人なので、アメリカでのドラマ化も不思議じゃありませんね(*'ω'*)
クロシェ、全然やってないので、再開するのはかなり難しいかも、、、(苦笑)
もう一度母に手ほどきを受けないとです~

ユニクロU、かなり良かったですよー
実店舗に行けないってやっぱりちょっと厳しい部分もありますよね、、、サイズ感とか素材感とかネットだけでは分かりにくいし。
白いスカートは本当にとっても良かったです(^^♪
友人はめちゃくちゃ気に入って(お揃いで買ったんです~♬)後で色違いも買ってました。
シアサッカー素材がかなり地厚なので、春先も割と早めから着られそうですよ。
このスカートはお値段もかなりお得だな、って思いました。
Commented by Lapinnoirdunord at 2017-03-23 05:34
お久しぶりです~
2月のスキー休暇の最後にムスコが水疱瘡にかかってから、子どもたちが交代で体調を崩して、なかなか書き込めず。
ユニクロ@リール、先週の金曜にOPENしました。たまたま仕事の帰りに覗いてみました。
ネットで購入もできるけど、素材を確認したいものや、試着必至のパンツが実店舗で見られるのはうれしいです。
なんてのんきなことを書いていたら、ロンドンのとんでもないニュースが飛び込んできました。ご家族やお友達、ご無事でしょうか?私もパリやブリュッセルのとき、そう近しくはないものの、友人、知人で怪我をした人がいました。
暴力はなにも生み出さないのに…
Commented by Saori at 2017-03-23 20:46 x
☆黒うさぎさん☆
こんにちは、お久しぶりです。コメントありがとうございました(*'▽')
お忙しくされてらっしゃるんだろうな、と思っていましたが、お子さんたちが体調不良で大変でしたね(;´д`)
でも水疱瘡は一度なっておけば安心なので、小さいうちに罹っておいた方がいいですよね。
リールのユニクロ!とうとうオープンしたんですね!
そうそう、パンツやスカートなどのボトムスは絶対試着必須ですよね、、、
私も先日狙っていたパンツがあったので、店舗で試着したのですが、残念ながら似合わず断念。
足が短い上に太いので、現代のすらーっとした女性のようには着られないという悲しい現実を直視しました(苦笑)

テロはとうとう起きたか、、、と言う感じです。数か月前にロンドン警視庁の前長官が「テロは間近の危機としていつも身近にある。問題はいつ、どこで起きるか、だけだ」とロンドン市民に向けて注意喚起のアナウンスしていたところだったのです。
私はといえば2005年の7/7事件以降、いつもロンドン市内に出る時にはテロに遭うかもしれない、という気持ちと共に出かけています。なるべく事件に遭遇しそうな場所、時間には出歩かない、というのも気を付けています。それでもいつどこで遭遇するか分かりませんものね、、、
唯一の救いだったのは、これが子供たちが休みの時期の観光のハイシーズンではなかったことです。もしそうだとしたら、死傷者数はこんなものでは済まなかった筈ですから。それでも亡くなった方、怪我をされた方たちは本当にお気の毒でなりません。黒うさぎさんが仰るように暴力は何も生み出すことはないですよね。いい加減そのことに気が付かない大バカ者が世界にはまだまだ大勢いるというのが悲しい現実です(;´д`)


<< Birthday Party      お雛祭り >>