Strawberry Diary in London

jamielove3.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 11日

レディ・ヴィクトリア ロンドン日本人村事件

f0371718_003368.jpg

レディ・ヴィクトリア ロンドン日本人村事件

春の一時帰国の際に篠田先生から頂いた新刊を読了しましたので、紹介します。

私の大好きなレディ・ヴィクトリアシリーズ、3作目。
今回はなんと!日本人が登場しますよ~





まずはあらすじから、、、

内容(「BOOK」データベースより)Amazonより転載
ミカドの持ち物だったと騙る「翡翠の香炉」詐欺。日本人村の火災と焼け跡から発見された死体。そして記憶喪失の日本人青年。日本趣味が人気を集めるロンドンで起きた日本に関連する三つの事件にレディ・シーモアとチーム・ヴィクトリアの面々が挑む。ヴィクトリア朝のロンドンを舞台に天真爛漫なレディと怜悧な男装の麗人、やんちゃな奉公人たちが活躍する極上の冒険物語。

実際にこの小説が舞台となっている年に、日本人村が作られてロンドンでは人気を博していました。
この当時の日本や日本人が英国人にどのようにとらえられていたのか、実際に当時の人たちに聞いた訳ではありませんが、この小説を読むとかなり実像に近い部分を感じ取ることが出来るのでは?と思います。

もう21世紀にもなるというのに、いまだに日本はサムライやゲイシャの国、と認識している英国人は少なくありません。
ましてや情報が圧倒的に少なかったこの時代、本当の日本を素のまま、ありのままに受け入れられる英国人は数少なかったでしょう。

そんな偏見と軽視が蔓延る時代に海を渡った日本人たちの苦労と苦難は想像以上だったと思います。

私がこの小説を読んで救われたのは、そんな中にあっても決して見下すことなく救いの手を差し伸べてくれるヴィタの姿。
ヴィタのような人がいてくれて良かった、と心から思いました。

さて、今回ゲスト(?)出演している日本人のうち、私がすごくすごく気に入ったのが鹿之助くん。
もう気に入り過ぎてレギュラーになって欲しい!とまで熱望したのですが、、、

先生に「もう出ないんですかー?」とお尋ねしたところ、これっきりの登場なのだそうです。
ああああ~残念。
鹿之助くんみたいな男の子、タイプだわぁ~(*'ω'*)

どんな男の子なのか知りたい方は、ぜひ一度お手に取ってくださいね。
じゃなくて、手に汗握るドキドキ満載の素晴らしい小説ですので、ぜひぜひ読んでみて下さい。
お勧めです!
[PR]

by jamieoliverlove3 | 2017-06-11 00:00 | Book Club


<< またまたお茶してます      雨上がりのお茶してます >>